①実践に近い体験が可能に!

安全・教育VRでは、仮想空間上で起こりうる危険を再現し、実践に近い体験をすることで『危険だ。』『注意しなければいけない。』という意識をつけることが可能です。

例えば、消火器VRでは、現在環境問題上、消火剤を不必要にまいてはいけない。
屋外でしか消火訓練ができない。火の怖さが伝わらない。
そんな問題を解決しました。VRでは、実践の近い環境で体感できます。

②失敗から学ぼう。

VRアプリにする際に、成功と失敗のパターンを用意します。
失敗することで、どうなるかを体感することで学ぶことができます。

例えば、消火器では火の元を狙わないと消えないようになっています。
火の上を狙っていいると消火失敗になり、火が炎上し、襲い掛かります。
VRだと、あえて失敗させ、焦らせることで学ぶことも可能です。

③VRの没入感で脳にインプット!

オンラインでアバターを設定し、2人で一緒に体感することもできます。
2人で行う作業の場合、一緒に体感することでより共有することができ、脳に印象を残すでしょう。

 

VIVEトラッカーを使った制作も可能です。

VIVEトラッカーを利用した消火器コントローラー作成。