現実の世界への空間認識技術。 AR/MR開発

AR / MRを活用した販促・カタログ・マニュアルツールをお考えの方へ

AR (Augmented Reality) は、現実の世界を拡張する技術です。現実世界に仮想現実を反映(拡張)させます。
MR(Mixed Reality)は、複合現実と言われ、 仮想世界を現実世界に重ね合わせて体験できる技術です。

近年、スマートフォンでもMRの体験が可能になってきており、空間に物を配置し、回り込むことができます。例えば、Microsoft社のHololensと同じ体験をApple社のiphoneでも行うことが可能になります。
空間認識ができるようになったARの技術は使い方によって、話題性・利便性がある販売促進ツールやカタログツール、マニュアルツールになります。弊社のオリジナルコンテンツも含めてご紹介させて頂きます。

開発事例

《 空間認識AR技術 》

現実の空間に物を配置し、回り込みながら見ることができます。家具、自動車、不動産、病院等数多くの業会にてご利用頂けます。
現実の世界に配置することで、サイズ感だけではなく、周囲とのなじみも確認できます。 また、マニュアルを3DCGで可視化も可能です。

《 マーカーを利用したAR技術 》

カード等のマーカーを利用したAR技術も精度があがっています。QRコードではなく画像をマーカーとして利用することもできますし、一度で認識できるマーカーの数も増えています。
弊社はこの技術を応用しカードを集めて、並べると正解を判断する知育玩具を現在開発しています。

研究中の技術

《 オブジェクト認証を利用したAR技術 》

3DCGのオブジェクトをマーカーとして認証するAR技術もございます。
CADデータを取り込めるため、数mm単位での精度を実現できます。

2020年は、ARコンテンツの開発と開発したコンテンツをHololens2に対応を予定しています。AR/MRの開発のご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP